クンブ・メーラ

神秘的な高揚感が体験出来る、12年に一度世界最大のヒンデュ教の祝祭。インドの聖なる川で世界中からのヒンズー教徒が集結する。クンブ・メーラはユネスコの無形文化遺産に確定されて世界最大の平和的な巡礼集会です。

神秘的な高揚感が体験出来る祝祭

2021年クンブ・メーラ祝祭はガンジス河の岸、ヒンドゥ教の聖地ハリドワールで行う

マハ・クンブ・メーラは12年に1度、そしてアルダークンブ・メーラは6年に1度開催される。2019年はアルダークンブ・メーラがヒンデュ教の聖地プラヤガラージで開催されました。プラヤグラージは元々アラハバードといわれて2018年にヒンデュ教聖地の名前が変更になり現在プラヤグラージといわれています。

世界中のヒンデュ教徒達が集結してクンブ・メーラ地で流れる聖なる河に沐浴をしてそれぞれの罪を洗い清めます。

2021年のクンブ・メーラの予定は1月14日から4月27日です。この期間に沐浴を期待して集結する方々がたくさんいますか、ヒンデュ歴のカレンダーによって特別な沐浴の日もあります。その重要な沐浴の日を目指して巡礼しにくる様々なヒンデュ教徒のサデュ達(修行者)で埋め尽くされる。

2021年1月14日マカル・サンクランティー
2021年1月28パウシュ・プルニマ
2021年2月11マウニ・ アマワセヤ
2021年2月16日バサント・パンチャミ
 2021年2月27マギー・プールニマ
2021年3月11日マハシヴァラートリ
2021年3月13日パグニー・アマワセヤ
2021年3月28日パグニー・プールニマ
2021年4月12日ソムワティー・アマワセヤ
2021年4月13日ナワーサンワートー
2021年4月14日バイサキー
2021年4月21日ラムーナワミー
2021年4月27日チャイトラ・ プールニマ

重要な沐浴の日

クンブ・メーラ祝祭の沐浴は非常に意味のあるものですがヒンデュ教の占星術によってクンブ祝祭に特別な沐浴の日があります。重要な日に沐浴ができると輪廻転生を超越する

クンブの歴史

クンブ・メーラの最初に記録が629年~645年インドに訪ねた中国の僧玄奘の記述。玄奘さんがインドに訪ねた時このような河で行われる祝祭は何世紀も以前に形作られていたようである。しかし、クンブ・メーラの記録は有名なヒンデュ教の聖典バーガヴァタ・プラーナにもでています。木星が牡牛座にあり、太陽と月が山羊座にあるとき、クンブはプラヤグラージで開催されます。
クンブの意味
ヒンディー語でクンブは壷いう意味です。この壷は繁盛があふれる壷, 盛況のある壷, 健康のある壷。アユルベーダの神ダンワントーリ神の手にクンブ(壷)があります。海を綱引き不死の妙薬の蕾を持ってきました。クンブ星座もあり水瓶座という意味です。

クンブ・メーラの歴史

クンブ・メーラの最初に記録が629年~645年インドに訪ねた中国の僧玄奘の記述。玄奘さんがインドに訪ねた時このような河で行われる祝祭は何世紀も以前に形作られていたようである。しかし、クンブ・メーラの記録は有名なヒンデュ教の聖典バーガヴァタ・プラーナにもでています。

神学の側面

ヒンデュ教神学の中でクンブ・メーラ祭りの起源を神話、ドゥルヴァーサ修行者の呪いによって神が力を失ってくる神が呪いを解く、悪魔が強くなる恐れで世界の主宰神ブラフマーに接触する。問題解決するためブラフマー神が海を綱引きをさせ善と悪が得ることでそれぞれを神と悪魔で分け合えましょうといいました。神も悪魔も主宰神ブラフマーの提案で納得し、綱引きを開始しました。海を綱引きを開始じめて最初は世の中の毒が出てきてそれをシバー神は全て飲み込みました。毒を飲み込んだ理由でシバー神の肌の色が青くなったのです。毒の次も様々なものが出てきます。神と悪魔がそれぞれ分け合います。最後にアユルベーダの神ダンワントリー神が不死の妙薬の蕾と出てくる。不死の妙薬を分けようとすると悪魔が自分たちだけが欲しいと争いになり。12日間神と悪魔の争いで不死の妙薬は四ケ所に落ちます。不死の妙薬が落ちた場所はプラヤグラージ(聖なるガンジス河、ヤムナー河とサラスワティ河の合流点)、ハリドワール(ガンジス川)、ウッジャイン(シープラ川)、ナーシク(ゴダワリ川)、なのです。ヒンディー語でクンブは壷という意味です。12日間の争いは12年間に表せる。

占星術の側面

クンブの占星術的側面は、惑星や星を横切ることとそれらの特定の配置に関連しています。ヒンデュー教の聖典ヴェーダによれば、太陽は魂のようなもの、あるいは命を与えるものと考えられています。月は心の主と見なされます。惑星木星は神々の達人と考えられています。木星が完全な黄道帯を横断するのにほぼ12年かかるので、クンブは約12年ごとに一箇所に応じて祝われます。

クンブ祝祭

ヒンデュ教にとって最高な幸せな時間です。クンブ・メーラ期間にやく100万人以上の信者達がクンブ・メーラに巡礼します。ヒンデュ教の信者達が沐浴をして自身の罪や汚れを祓います。ヒンデュ教の伝統と占星術で行うクンブ祭りにヒマラヤ山から大勢のサデュー(修行者)が聖地に集合します。俗世を離れた修行者サデューが沐浴をして自分の神とつながれることを信仰しています。

クンブ・メーラでアカラの行列

クンブ・メーラはすべての巡礼の中で最も神聖なものです。何千人もの聖なる男女が参加していますが、祭りの吉祥はこれに一部起因しています。しかし、クンブ・メーラで主要な行列の一つはペシュワイー行列であり、ペシュワイー行列にアカラのサデューは順番に入浴をする。(アカラはインドの武道家または宗教的な釈放のための修道院という文脈での、練習場を指すインド語です)

二種類のアカラ(練習場)があります。

8世紀の哲学者アディーシャンクㇻチャリャーがダシャナミーサンプラダヤーを設立したとき、彼は禁欲主義者を2つのカテゴリーに分けました。

1・シャストラダリー   (翻訳詠唱、聖書 – 執筆者)知能

2・アストラダリー (武器を積んだ武器を持っている人)戦士

インドには14のアカラがあります。様々な宗派の修道院の先生と弟子がクンブ・メーラに集まります。ナガサドゥ族と様々なアカラ族は伝統的に一般の人々が入る前に入浴儀式を導き、始めます。

ナガサドゥ族はなんでしょうか。

ナガサドゥは、ヒンズー教とインドを外国の侵略者から守るためのヒンズー教徒の過激派グループと見なされています。ヒンデュ教の哲学者アディーシャンクㇻチャリャーによって設立されました。ナガサデュはアストラダリーアカラからの聖人です。ヒマラヤの洞窟に住み、クンブ・メラの間だけ文明を訪問するようになる。ナガサデューは、ほとんど全裸で暮らす。髪が長く、彼らの顔は常に死体の燃える灰で覆われています。彼らは死体の灰を全身に塗ります。彼らはほとんどすべてシヴァ神の信者です。彼らはシヴァ神を祈り瞑想する独特のスタイルを持っています。ナガサドゥスの中には、シヴァ神のように首にナアガスや蛇を持っている人もいます。彼らは一般的にもフカやチラムを吸うことを好む。ナガサドゥの顔が火葬された死体の灰で覆われている。火葬された死体の灰でナガサドゥの全身が塗っている。ナガサドゥはほとんどシヴァ神の信者です。シヴァ神を祈り瞑想する独特のスタイルを持っています。ナガサドゥスの中には、シヴァ神のように首にナアガスや蛇を持っている人もいます。欲望、性別、世俗的なアトラクションの影響で、サドゥは一般の人々の社会の近くで生活することを好みません。ナガサデュは赤原に住んでいます。彼らはまた力を届けるためにもいくつかの神の力を持っています、ナガサドゥが力を示すのを一般的に見られる理由です。入浴の行列の順番もあります、最初はアカラのサデュー達が沐浴をして終わってから一般に人が沐浴をします。クンブ・メーラでサドゥの力が示すことは非常に貴重な体験です。クンブ・メーラの雰囲気は精神的で特別なパワーを感じる。

毎回クンブ祝祭のだけのため川沿いにある砂浜に一時的に街になって電柱、テント、お店、橋などが出来ています。

error: Content is protected !!